TwitterやFacebook、はてブでシェアをお願いします!

【TV】白黒アンジャッシュで相席スタートがやっていた原始人古今東西!

チバテレで放送中のバラエティ番組「白黒アンジャッシュ」。

アンジャッシュの初めての冠番組で、先日600回の放送を迎えた長寿番組です。

ローカル番組ながら全国エリアで放送されており、北海道では20日遅れで放送されています。

先日北海道で放送されたのはお笑い芸人の「相席スタート」がゲストの回。

この回で相席スタートが披露した「原始人古今東西」が地味に面白いと話題です。僕の中で。

スポンサーリンク

古今東西とは?

別名「山手線ゲーム」とも言います。

2人以上いないと出来ないゲームで、お題を1つ決めて、そのお題にそった解答を順番に答えていくというもの。

答えられなくなったり、既に出た答えを言ってしまったら負けとなります。

ゲームの進行はリズム(掛け声&手拍子)にのって行います。

お題を出す人「古今東西!」

その他の人「いえーい!」

お題を出す人「オリンピックが開催された国」「ブラジル」

パン・パン(全員で手拍子)

次の人「にっぽん」

パン・パン(全員で手拍子)

次の人「中国」

・・・といった感じ。

リズムに合わせて進んでいくので、応える準備ができていないと焦ってしまい自滅するなど、やってみると結構盛り上がるゲームです。

原始人古今東西とは?

そして、相席スタートが紹介していた「原始人古今東西」というゲーム。

基本的には上記の古今東西と同じです。

ただ、参加者は原始人なので(笑)回答するときは「母音」でしか話すことが出来ません。

つまり「あ・い・う・え・お」だけです。

「サッカー」だったら「あっあー」、「バスケットボール」だったら「あうえっおおーう」といった感じです。

掛け声も原始人風にアレンジされて、「原始人古今東西」「うほうほー」という感じで笑

先ほどと同じテーマだとすると・・・

お題を出す人「原始人古今東西!」

その他の人「うほうほー!」

お題を出す人「オリンピックが開催された国」「うあいう」

パン・パン(全員で手拍子)

次の人「いっおん」

パン・パン(全員で手拍子)

次の人「ううおう」

・・・といった感じ。

重要なルールがある!

そしてこの原始人古今東西には、従来の古今東西には無い斬新なルールがあります!

それは「適当な答えを言って切り抜けることができる」という点。

原始人古今東西は答えを母音でしか答えることが出来ないため、聞いている側はそれが本当に解答できているのか、判別が難しいのです。

つまり自分が答える順番なのに答えが浮かばない場合でも適当に「うおえいあ」とか言って切り抜けることができます。

そして他の人は怪しい解答に対し「うんばばー!」と容疑をかけることができます。

ここで流れは一旦ストップし、その人が正しい答えを言っていたのか、チェックします。

答えられなければ(適当な答えを言っていたならば)その人の負け、ちゃんと答えられたら容疑をかけた人が負け、となります。

頭の回転が勝負の決め手?

実際にやってみると、通常の古今東西よりも断然難しいです。

リズムに乗ってゲームが進行するうえに、答えは全て母音で発音しなければなりません。

正直答えるだけでも精一杯、アンジャッシュの児島さんのように、母音に変換するのが苦手な人もいるので、かなり過酷です。

でもみんなが母音だけで喋る姿は面白いので、やっぱり盛り上がります笑

友達とお泊りした時や合コンなどで盛り上がりそうですね。

スポンサーリンク

TwitterやFacebook、はてブでシェアをお願いします!