TwitterやFacebook、はてブでシェアをお願いします!

NASAが火星について特別会見「火星の謎を解明」・・・楽しみすぎる!

地球の兄弟とも言える惑星、火星。

来るべき時に備えてか、NASAの火星へのアプローチは続いていますが、ついにNASAが「火星の謎を解明」し、特別会見を行うようです!!

気になる会見は、日本時間29日午前0時30分。

こちらの「NASA TV」にて発表されるようです。

NASA Television | NASA
NASA Television provides live coverage of launches, spacewalks and other mission events, as well as the latest news briefings, video files, and the This Week @N...

以下のUSTREAMの「NASA PUBLIC」チャンネルでも放送されるかもしれません。

会見には惑星科学ディレクターのジムグリーン氏、火星探査の主任科学者マイケル・メイヤー氏など5人の専門家によって行われるようです。

また、簡単な質疑応答についてTwitter上でも質問を受け付けるようで、ハッシュタグ「#AskNASA」を使って質問することが可能。


また変な石とかじゃ・・・

それにしても、NASAは一体どんな「火星の謎」を解明したのでしょうか?

NASAは2030年代までに人類を火星へ送ることを目標に、長期にわたる有人飛行を実現するための研究を進めています。

Twitter上では「ついに火星人が見つかった」などの憶測や、「どうせ変な石か何かだろう」との冷めた予想もでています。

実際、先日NASAが発表した情報のなかに「火星にトカゲ?巨大ガニ?」というものがありました。

http://www.cnn.co.jp/special/science/35069669.html

http://www.cnn.co.jp/special/science/35069669.html

人間の脳は、未知のものに対して、すでにある知識で補完するようにできており、「それっぽいもの」に当てはめてしまうらしいです。

この「トカゲ」も、脳が勝手に補完してしまったものなんでしょうか・・・それを言っては夢がないですね。

解明されたのは「謎」

NASAはウェブサイト上で「NASA to Announce Mars Mystery Solved」というタイトルで記事を投稿しています。

NASA to Announce Mars Mystery Solved
NASA will detail a major science finding from the agency’s ongoing exploration of Mars during a news briefing at 11:30 a.m. EDT on Monday, Sept. 28 at the James...

つまり、今まで謎とされていたものが解明されたということですが、その「謎」とは何なのでしょうか?

「生命体がいた」とかは「謎」ではないような気がします。

原因がわからなかったものが解決した、となると2015年2月にあった「火星の謎の雲」はどうでしょうか?

科学者にもその正体不明 火星に謎の雲あらわる(画像)
火星で巨大な雲か煙のようなものが観測された。科学者にもその正体が何なのか、どうやって発生したのか分からないという。

火星で巨大な雲か煙のようなものが観測された。科学者にもその正体が何なのか、どうやって発生したのか分からないという。

それは10日間にわたって成長を続け、形を変えていった。

数週間後、2つ目の噴煙が現れた。はじめの噴煙と同じく、これも火星の明暗境界線(夜と昼を分ける線)の上に発生した。

もしかすると、この謎が解明した、ということなのかもしれません。

日本でも興味津々!

Twitter民もこの発表を受けて、さっそくいろんな予想が出ています。

ハッシュタグ「#NASAの特別発表で判明しそうな重大事」を眺めているだけでも、楽しいかもしれませんね。


スポンサーリンク

TwitterやFacebook、はてブでシェアをお願いします!