TwitterやFacebook、はてブでシェアをお願いします!

【Twitter】これはスコップ?それともシャベル?日本東西で真逆の結果に!

同じ日本なのに、東日本と西日本で異なるものって、けっこうありますよね。

有名なところでは電気の周波数が西日本は60Hzに対して東日本は50Hz、エスカレーターは西日本が左を空けるのに対して東日本は右を空ける。

食べ物だと関東がマックに対して関西がマクド、日清のどん兵衛が西日本は薄味に対して東日本が濃味とか笑

で、みなさんの住んでいる地域ではコレ、なんて呼びますか?

コレを「スコップ」といったあなた!東日本の人ですよね!?

「いやいや、スコップはコレやろ!」(似非ですいません)

そう、西日本の人はスコップといえばコレなのです。

同じく土などを掘る道具なのですが、東と西でまったく逆の呼び方をするんですね。

まとめると、

東日本・・・大きい方がスコップ、小さい方がシャベル

西日本・・・大きい方がシャベル、小さい方がスコップ

と呼ぶようなのです。

同じ日本なのに、ややこしいですよね・・・

Twitterで再燃!

この問題、たびたび話題にあがるそうなのですが、この度もTwitterで登場!

すでに8,000RTを超えているあたり、まだまだ決着はついていない!?

スコップとシャベルの違いは??

この問題、大きさで決着をつけるのはいろいろ難しそうなのですが、実はJIS規格では別の理由で区別されています。

曰く、

足をかける部分があるものをシャベル

足をかける部分がないものをスコップ

と区別するそうです!

つまり、決着をつけるとすれば、西日本が正解!!!

「ちっちゃくても足かけれるだろ!」というのはナシで笑

ちなみに、おっきいけれど足をかけられないなで肩のこれは、

はい、スコップです。ややこしい。

シャベル≠ショベル?

気になると気にしちゃうのが、「シャベル」なのか「ショベル」なのか、という点。

シャベルは英語で書くと「shovel」なのですが、Google翻訳で発音を聞いてみると・・・

Google 翻訳
Google の無料サービスなら、単語、フレーズ、ウェブページを英語から 100 以上の他言語にすぐに翻訳できます。

「シャ」にも聞こえるし「ショ」にも聞こえる!

難しいですね、発音。

翻訳でも「シャベル」と出るのですが、前述の日本JIS規格では「ショベル」となっているようです。

ちなみに、シャベル(shovel)は英語ですが、スコップ(schop)はオランダ語だそう。

漢字で書くと「円匙(えんし)」と言うらしいですが、これは馴染みが無いですよねぇ。

スポンサーリンク

TwitterやFacebook、はてブでシェアをお願いします!